急に決まった引越し。

先日まで、引っ越しをして、まだまだダンボールが山積みの状態なので、 昨日はその片づけに追われていました。

引越しが急に決まったのでお金の段取りもできず、荷造りも詰めまくったのでぐちゃぐちゃで・・・

お金の段取りはゆうちょ銀行ローンを利用して引越し費用に当てました。

荷物がぐちゃぐちゃでも、しまう場所が決まっているものはすんなりしまえるので良いのですが、 棚を買ってからしまおうと思っているものなどはダンボールから出しても 行き場所がなく、それをその辺りに放置するので、 ダンボールは減っても部屋はますます散らかるばかりで 生活しにくくて仕方がありません。

ただ、どこに行くにもいちいち何かをまたがないといけないので、 運動にはなっているのかもしれません。 早くすっきり片づけて、ストレスなく暮らしたいです。

夜は友人や親せきへ送る転居届の葉書を作成しました。 ちょうど残暑見舞いの時期なので、残暑見舞いと転居のお知らせを 同時に送ることにしました。

これにも意外と時間をとられ、宛先まで印刷し終えるのに 2時間近くかかりました。 残暑見舞いに間に合うように送らないといけないので、 今日はその転居届を出しに行く予定です。

昨日は、引っ越しの片づけばかりをしていて気分転換にと思って、お料理本の気に入ったレシピ部分をハサミで切って、手作りのスクラップ本を作ってました! レシピはたくさん載ってるけど、好き嫌いな食材があったりで全部が全部作るわけじゃないですよね。 で、気に入った『これ作りそう』とか『これ作りたい』というレシピだけを残してあとは本を捨てないとなかなか物が減っていかないので、 今レシピブックづくりにハマっています。

レシピブックだけ作って、料理しないときもあるんだけど、料理って気分が乗らないとつくる気がしない。まだね。 誰かのためにつくるとか、自分の健康のためにとかそういう場面に行ってないからだなと思う。 そういう場面にたったら作ることは苦じゃないので、やるんだろうなと思います。

ということで、いざそういう時が来てもアイデアがたくさん出てくるように、今のうちに情報集めをしている感じです。 昨日は帰るのが遅かったので、本から切り抜くところまででしたが、今日はレシピブックに貼っていく作業をやろうかなと思います。

ホテルでのアルバイト

当時、フリーターで独り暮らしという生活だったので色々なアルバイトをしていました。

ひとつだけのアルバイトでは生活ができなかったため、空いている時間にもうひとつやりたいと思い、アルバイト雑誌を買って探しました。

アルバイト雑誌っていうのが懐かしさを感じますね。今では、アルバイト求人情報はネットで簡単に探せますもんね。

求人情報数も豊富だし、検索方法も簡単で、便利になりましたよね。

ってちょっと脱線しちゃいましたが、当時時間はとにかくあったので、夕方から朝までというビジネスホテルのフロントの仕事を見つけて連絡し、面接に合格して始めることになりました。

一回行くと割と高い給料をいただけるので当時はとても助かりました。週に数回やっていました。

夕食は用意してもらえて朝方に仮眠の時間があり、なかなかよかったです。長時間の勤務なので職場の方とのコミュニケーションがかなり最初は不安だったものの、皆さんによくしてもらえてすぐに慣れることができました。

しかし、仕事の内容がかなりハードだったのは想像していなかったです。フロントの仕事はかなり多岐にわたります。予約の電話を受けてパソコンを操作したり、部屋に宿泊している方からの電話もあります。

チェックインとチェックアウト、郵送物の手配や道案内、部屋番号を確認してからの鍵渡しなどなど。ひとつも失敗が出来ないような仕事なのでかなり緊張感がありました。

個人客や団体さんや常連さん、初めて来た方など本当に様々なタイプのお客さんが来て人間観察をするにはとてもよかったかなあとは思っています。

夕方から夜、そして日が昇るまでの長時間働くことによって得られたことは大きかったです。やはり夜の仕事はきつかったです。

通信講座と景品を取るゲームでの無駄づかい

転職したいと思っていたので、仕事を辞める前にまずは何か資格を取ろうと思いました。そこで通信講座で、自分が興味のある分野の資料を取り寄せ、よく検討して申し込みました。 数日経って届いたときにはウキウキしながらテキストを広げ、頑張るぞと思いながら勉強を始めました。

しかし日々の忙しさにかまけて、まったく勉強をやらなくなってそのまま放置。 10年以上も使わないままテキスト一式を本棚にいれっ放しでしたが、もう絶対にこれを使って勉強することはないと思い、去年ようやく処分しました。

講座の代金は数万円でした。 ほとんど手付かずだったので、本当に無駄遣いでもったいないことをしました。 貯金のない私でもお金を貸してもらえる消費者金融でお金を借りてまで購入しましたからね・・・数万円すると捨てるにもちょっとした決心が必要で、受講を決心したときも考えたつもりではあったのですが、もっともっとよーく考えないといけなかったと反省するばかりです。その返済をするのも大変でしたし・・・

退職金がでるまでに最低1か月はかかると言われ・・・少ない給料から翌月返済するも、生活費が足りなくなってまた借りてしまうということになってしまいました((+_+))

他にも10年くらいハマっていた無駄遣いがあります。

それはゲームセンターによく置いてある、ぬいぐるみ等の景品を取るゲーム。 他の用事でお店に行って、それらのゲームを見つけては、ついつい100円玉をチャリン。 計算したことはないのですが、10年間もやり続けたので相当な金額になっているはずです…そのぬいぐるみや景品はすぐにゴミのように邪魔になり、結果捨てたので、お金を捨てたのと同じことですね(>_<)

今はそんなことは無いのですが、当時は何も考えずにお金の無駄遣いをしていました((+_+))

消費者金融のイメージ

私が消費者金融について思うことは幾つかあります。まず一つは非常に馴染みのあるサービスだという事です。消費者金融はテレビコマーシャルでも良く見るし、街に行けば宣伝看板を見かけます。

そのため、必然的に私たちに馴染みのあるものだと思います。

特にテレビコマーシャルは、有名人も多く出ているし、センスが良い物が多いので、ますます私たちになじみが深くなっていく気がします。

そして、もう一つ消費者金融について思うことは、やっぱりお金を借りるサービスなので、少し不安に感じることは多いです。

やっぱり、お金を借りるということは、それだけの利子を払う必要があるし、借り入れ金額によっては、すぐに返せないことも考えられます。

そのため、何となくですがちょっと怖いイメージもあります。 それ以外でも、金貸し関係はテレビドラマの影響などで、ちょっと怖いイメージがあるのも現実です。

このように、私個人の消費者金融に対してのイメージは、なじみが深くて便利なサービスという事と、ちょっと怖いというイメージです。もちろん、どちらもただのイメージです。

消費者金融は、計画を立てて使えば、便利で快適なサービスなのは良く分かります。そのため、私のイメージとは違い、実際は多くの人が安心して使っています。

現に私の友人で主婦の方がいるんですが、お金に困った時にちょくちょく消費者金融の方でお金を借りています。

よく一緒に遊んでいる時なんかも、「ちょっとお金無いから借りてくる!」って感じで足軽に借りに行くんですよね。なんか彼女を見ていたら、大丈夫なのかなって思いますね。

実際本人に聞いてみても、しっかり計画的に借りれば全く問題ないよ!と言っていました。

やはり、借りすぎにさえ注意すれば問題ないみたいですね。友人からすれば、こんなに便利な物はない、って言っているぐらいですからね。

私もお金に困った時は利用してみようかな、と考えています。

バンドをしていると汗をかく

バンドをしていると寒い日でもめちゃくかはせをかいてしまいます。ドラムをたたいてたらかなり動かないといけないので汗だくになりますからね。

しかも、今練習している場所にはシャワーを浴びるスペースもないので、汗だくのまま服を着て帰ってシャワーを浴びないといけません。

この間というか、すでにドラムをたたいて汗をかいているときに、すごく脇が臭いのです。自分でも脇が臭いというのが明らかにわかります。汗臭いぐらいのにおいならば、汗をかいているのならばしょうがないと思うんですけど、わきがのようなにおいがするので嫌なんですよね。脇の臭いドラマーってちょっと嫌ですよねー。

それからなるべくこまめに脇の汗を拭きとるようにしています。こまめにふき取るということだけでも全然変わってきますよ。匂いがかなり抑えられているようです。

あと、脇のにおいにはラポマインという脇に直接塗るものがあって、それを塗るとかなり匂いが抑えられるということを聞いたので、僕も買って塗るようにしています。たぶんネットじゃないと買えないのかもしれないです。→脇が臭い対策

この商品もかなりおすすめですので、脇が臭いということで悩んでいるのならば、このラポマインというのを買って塗っておくといいですよ。

ロックバンド

学生時代からロックが大好きでバンドをやってます。

もうかれこれ10年間活動を続けています。CDも3枚ほど出した事があるんですよ。

全く売れてないですけど・・・(^_^;)

自己満です♪人生楽しければいいんですよね。これからもずっと続けていきますよ!!